小顔整形で憧れの小顔に変身【自分が求める小顔整形の方法を選択】

顔を小さくする施術

医者

整形で顎を修正する

美容整形で小顔になるための治療の1つに、ボトックス注射があります。顔が大きく見える要因には顎の問題があり、顎にボトックスを注入することで小顔にします。ボトックス注入の施術はボツリヌストキシンと呼ばれる成分を使用しており、筋肉の働きを抑制します。筋肉の動きを抑えることで咬筋を委縮させることで小顔にする方法です。メスでエラを切るわけではないので、プチ整形として簡単に行える点が特徴です。輪郭注射は頬や顎に注射をして、フェイスラインをすっきりと見せる効果があります。専用の成分を注入して、顔の部位の脂肪燃焼を促進させる治療です。複数回繰り返して注射をすることで、小顔にしていく方法になります。顎の形を修正する効果を期待するなら、ヒアルロン酸注射も良い方法で医者に相談しながら注入する量を調節できます。医療用の器具を使用して、顎やエラを削る施術をしている美容整形もあります。輪郭を削って整えていく手術と比較すると、注射のほうが手軽さやリスクが少ない方法と言えます。美容整形で小顔にするときに注目するべき部分は顎です。多くの人にとって顎を整えれば小顔に見えやすくなるので、整形で顔を小さくしたい場合には顎の施術を受けることを検討しましょう。自分の顔をチェックするときは正面からばかり気にしてしまいますが、横からのフェイスラインも重要です。横からの視点で綺麗な小顔にするには、あご先や口元、鼻などを整える必要があります。顎をシャープにすれば顔全体の印象を変えることが可能で、最先端の技術を採用している美容整形ならコンピューターでシミュレーションができるところも存在しています。顎の形を整えるには注射や手術で骨を削る方法を選択できます。脂肪が付きすぎていることで顔が大きい場合には、脂肪を減らせる施術を受けることが良い解決方法です。脂肪を減らす施術には有効成分を注射するものが一般的で、気になる部分に直接成分を注入して脂肪の分解を助けます。個人によって顔が大きく見える原因は異なりますので、担当の医者と十分に話し合って適切な方法を試すことが大事です。