小顔整形で憧れの小顔に変身【自分が求める小顔整形の方法を選択】

コンプレックスを根本解消

女性

雰囲気を劇的に改善

横顔も美しく整えながらフェイスラインを小さくできるため、小顔整形手術を希望される方も沢山いらっしゃいます。例えば受け口もコンプレックスになりやすいのですが、骨切り治療なら一部の歯を抜いた後、その空いたスペースに、下アゴを骨ごと後方へ移動させて治療できるのです。骨格構造を直接整形できますから、希望通りの小顔が手に入れられることから人気になっています。また、アゴからエラに掛けたラインも滑らかに形成できるので、正面や斜めなど、どの角度から見ても整った顔立ちになれることも利用者が多い理由です。そして顔を横から見た際、鼻とアゴの先端を結んだ線がEラインですが、その線上か、やや後方に唇の先端が位置するのが理想的とされており、横顔美人の条件になっています。日本人には多少厳しい条件ではあるものの、骨切りの整形施術であればその改善も可能です。単に顔を小さくするだけにとどまらず、理想的な顔立ちに改善しながら小顔になれるため、外科手術は本気でコンプレックスを解決したい人々に選ばれています。劇的に顔の雰囲気を改善できるのが骨切りや骨削り治療の特色であり、美容外科の小顔整形におきましても、柔軟性に優れる治療となっています。上アゴや下アゴをブロックごとにカットして、希望デザインに沿って移動させられるので、顔の印象を大胆に変えられるのです。基本的に骨は医療用ワイヤーで固定させますが、骨がくっついた後はワイヤーを取り外します。さらに、オトガイと呼ばれるアゴ先も整形できるため、アゴが長い場合でも、下アゴの余分な骨を抜き取ることで、綺麗な形に仕上げられるのです。バランスの取れた美しい小顔に整形できますから、希望であれば西洋人のような雰囲気も目指せます。また、美容クリニックでは注射による小顔整形治療も提供されており、こちらは骨切り治療とは比較にならないほどのお手軽さが特色です。ボツリヌス菌由来の注射施術は、エラの筋肉を小さくして小顔にするのが特徴的で、原因が一致した時の小顔効果は外科手術級とも称されています。そのほか、脂肪溶解注射は顔の贅肉を溶かす治療なので、脂肪が乗ったふくよかな状態でも、ダイエット不要でスマートな顔になれる訳です。